読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の軌跡スタンプラリー弐に参加した話~よりみち編~

大覚寺

f:id:mokomoko6:20170215221148j:plain
嵯峨天皇離宮として建立されました。
いけばな発祥の寺で、「いけばな嵯峨御流」の家元でもあります。

 

大沢池

f:id:mokomoko6:20170215221147j:plain
冬の引き締まった冷気と相まってとても気持ち良かったです。
ちなみに日本最古の人工の林泉だとか。

 

宸殿

f:id:mokomoko6:20170215221150j:plain
徳川秀忠の娘が女御御殿の宸殿として使用していたもの。

 

f:id:mokomoko6:20170215221149j:plain
蔀の金色の蝉の装飾が個人的に気に入っています。

 

フォトスポット

f:id:mokomoko6:20170215221153j:plain
わ~!!!膝丸~!!いつになったらうちの本丸に来てくれるのやら;;

 

勅封心経殿

f:id:mokomoko6:20170215221154j:plain

嵯峨天皇後光厳天皇後花園天皇後奈良天皇正親町天皇光格天皇が書写した般若心経が納められています。
中でも嵯峨天皇の写経は、818年に大飢饉による疫病が流行した際、空海の勧めで嵯峨天皇自ら般若心経を浄写したもので、たちまち疫病が治まったとか。
60年に一度開封されるのですが、来年2018年がまさにその年!!
これを逃したら生きてるうちはもう拝めない気がする…ぜひ一度拝見してみたなあ。

 

村雨の廊下

f:id:mokomoko6:20170215221152j:plain
こういう建物と建物を繋ぐ回廊が好きで、つい写真撮りまくっちゃいます。
天井の造りが低く、「昔の人は身長低かったんだなあ」と思っていたら、どうやら刀や槍を振り上げられないようワザと低く作られていたようです。なるほど。

 

戦利品

f:id:mokomoko6:20170215221257j:plain
ずっと食べてみたかった大覚寺銘菓「御所の雅」。
噛むとじゅわっと口の中で溶ける、とても雅なお菓子でした。

 

f:id:mokomoko6:20170215221255j:plain
峩山般若心経香
お値段結構するので今回は諦めようと思ったのですが、やはり諦めきれず引き返して買っちゃいました(笑)
今まで買ったどのお香よりも強力な香りで感動です~!


北野天満宮

三光門

f:id:mokomoko6:20170215221232j:plain

f:id:mokomoko6:20170215221234p:plain
門の由来は彫刻の中に日、月、星がある事によります。
日と月は見つけたのですが星が見つけられず…。
調べてみると星は実際には刻まれておらず、夜空に輝く北極星を指す説があるみたいですね。興味深い。


宝物展

f:id:mokomoko6:20170215221233j:plain
兄者との再会!!
前回宝物館間に合わなかったのですが、今回ばっちりリベンジ決めれましたよ~!
館内はスマートフォンでの撮影OKでした(カメラでの撮影は禁止)
その中で気になった展示物をいくつか。

 

 

f:id:mokomoko6:20170215221229j:plain
太刀(号 鬼切丸)
平安時代後期
反り具合がとてもかっこ良く、威圧感がありました。
鞘の部分に英字シールが張られていてビックリしましたが、これは第二次世界大戦時に金属回収に出され、戦後無事に戻ってきた証だそうです。
溶かされなくてよかった~;;

f:id:mokomoko6:20170215221228j:plain
なんて書いてあるんだろう?

 

 

f:id:mokomoko6:20170215221230j:plain
脇指(銘 猫丸)
室町時代末期
猫大好きなので、名前に釣られました(笑)
藤原道真が刀を壁に立てかけていた所、走ってきた猫が当たり、胴体が真っ二つに切れたところから「猫丸」と名付けられたとか。

 

 

f:id:mokomoko6:20170215221226j:plain
脇指
江戸時代中期
見た目のインパクトがすごい!まるで包丁みたい。

 

 

f:id:mokomoko6:20170215221231j:plain
刀(太刀)
桃山時代
豊臣秀頼公が奉納した太刀。鞘に装飾されている松と梅が美しい。

 

 

f:id:mokomoko6:20170215221227j:plain
太刀
昭和時代(1927年)
太古のような装飾が素敵で綺麗です。
平家一門の宝刀「小烏丸」と作り込が似ているところから小烏丸造りと呼ばれています。

 

 

高桐院

f:id:mokomoko6:20170215221145j:plain
京都に来たら必ずと言っていいほど訪れてしまう場所で、今回も来ちゃいました。
細川忠興が創建した寺院。庭には忠興と細川ガラシャのお墓があります。

 

f:id:mokomoko6:20170215221146j:plain
私の一番のお気に入りスポット。室内から見るお庭は心が落ち着きます。

 

f:id:mokomoko6:20170215221256j:plain
10回以上ここには来てるのですが、今回ついに御朱印を頂きました!
とても感慨深いです。

 


刀の事をもっと勉強して、鑑賞の仕方とかが分かるともっと楽しめるんだろうなあと痛感した旅でもありました。
さっそくアマゾンで本を注文したので、読み込もうと思います!

京の軌跡スタンプラリー弐に参加した話

初めての雪景色の京都に興奮しつつ、京の軌跡スタンプラリー行ってきました!
当日は天気が良く、思ったよりも暖かかったです。午後には雪が溶けちゃったけど…

嵐電 嵐山駅

f:id:mokomoko6:20170215203555j:plain
ここにはキモノフォレストというオブジェがあます。
夜間ライトアップがとても綺麗なので、いつか見に行きたい~!

 

f:id:mokomoko6:20170215203559j:plain
今剣ちゃんと岩融

 

f:id:mokomoko6:20170215203557j:plain

f:id:mokomoko6:20170215203558j:plain
停留中のラッピング電車。中に入って休憩もできます。


駅のホームにあるお店でコラボドリンクが飲めるのですが、すごい行列!
一般のお客さんも「何の行列なんだろう…」とざわめいていました。
せっかくのコラボですが、すっかり並ぶ気力を無くしたので今回パスで…

f:id:mokomoko6:20170215203600j:plain
膝丸と薬研藤四郎のスタンプゲット!
薬研のスタンプ台では黄色い歓声が上がってました。人気凄いな…!

東映太秦映画村

f:id:mokomoko6:20170215203601j:plain
映画村に入るとプリキュアがお出迎えしてくれます。素晴らしい眺めに圧倒…!
立体で見てみると、プリキュアの髪の質量の凄さを再認識。

 

f:id:mokomoko6:20170215203606j:plain
スーパー戦隊シリーズは結構好きで、小さい頃よく見てました!
特にギンガマンゴーゴーファイブにお熱で、おもちゃも持ってた…懐かしい。

 

f:id:mokomoko6:20170215203607j:plain
わー!!!!!クウガめっちゃ懐かしい~!
初めてちゃんと見た仮面ライダーなのでかなり思い入れがあります。

 

プリキュア戦隊シリーズ仮面ライダーの展示が予想以上にボリュームがあり、大はしゃぎ。
……何か忘れているような…はっ!

f:id:mokomoko6:20170215203602j:plain
花丸まつりを見に来たんだった!!!←

 

f:id:mokomoko6:20170215203603j:plain
みんなのお願い事を吊るした木の再現かな?
花丸で不覚にも泣いてしまった3話は一番好きな話です。
短刀たちの一生懸命さを見てると涙がね…ここ2.3年でホント涙腺弱くなりました…

 

f:id:mokomoko6:20170215203609j:plain
コラボフード【燃える本能寺カレー】
注文時、店員さんに「中辛もありますよ。大丈夫ですか?」と聞かれたので「え、そんなに辛いの?!」とビビっちゃいました。
実際食べてみるとちょっと辛いな、と思う程度だったかな。

 

f:id:mokomoko6:20170215211514j:plain
清光、安定のスタンプゲット。
スタッフさんが描かれたいち兄のイラストが可愛い!

 

f:id:mokomoko6:20170215203604j:plain
村内を探検。時代劇のセットが本格的で見て回るだけでも楽しめました。

 

時代劇はどうやって撮影しているのかを面白おかしく紹介するショーがあるんですが、とても良かったです。
時代劇の定番である、的確に飛んでくる矢のからくりが個人的に衝撃が大きかったです。まさかピアノ線を使っているとは…!
あと、目の前で繰り広げられる生の殺陣にかなり興奮しました!!
テレビで見るのと迫力が全然違いますね。

 

時間があれば他にもショーを見たかったんですが時間切れ…
後ろ髪を引かれる思いで映画村を後にしました。

北野白梅町駅

f:id:mokomoko6:20170215203610j:plain
沖田組。

 

f:id:mokomoko6:20170215203611j:plain
兄者スタンプポイント。

四条大宮駅

f:id:mokomoko6:20170215203613j:plain
最後のスタンプポイントは小狐丸。

 

f:id:mokomoko6:20170215203612j:plain
三日月おじいちゃん。

 

ミッションコンプリート!

f:id:mokomoko6:20170215213903j:plain
全スタンプ制覇~!!お疲れさまでした。記念に缶バッチをいただきました。
兄者スタンプの若干失敗した感…ぐぬぬ

 

パンケーキ

f:id:mokomoko6:20170215203554j:plain
スタンプラリーを制覇した後は、ずっと行きたかったフルールのパンケーキを食らう!
お皿を揺らすだけでプルプル震える生地の柔らかさ。
ボリュームがあり、かなりお腹一杯になりました。

 

 

今回も、とても充実した京都旅になりました。
来月には戦国時代展の為に、再び京都へ行く予定です!(もはや毎月行ってる気が…)
井伊美術館にも足を延ばせたらいいなあ。

第四弾・刀剣御朱印めぐり~よりみち編~

寺社 関西

本能寺

法華宗本門流大本山
織田信長明智光秀に襲撃された「本能寺の変」の後、豊臣秀吉によって現在地に移転・再建されました。

過去に五回も焼失しているので、本能寺の「能」の字にある「ヒ(火)」を嫌い、別の字を当てはめている話が面白かったです。
よく見るとパンフレットや看板も「能」という字を使っていません。
新発見にやや興奮気味になりました!

f:id:mokomoko6:20170205144345j:plain

 

変わった石があるな~と思ったら、加藤清正が寄進した臥牛石!?
まさか本能寺と関わりがあったなんて。
この石の由来は清正が朝鮮半島へ渡った時の土産だとか色々と説があるみたいです。
真相は不明。

f:id:mokomoko6:20170205144341j:plain

 

薬研藤四郎と不動行光!
同時期に開催しているスタンプラリーのフォトスポットでもあります。

f:id:mokomoko6:20170205144342j:plain

 

本堂脇を奥に進むと、信長公廊が佇んでいます。
目立たない所にある為か、訪れてる人は少なかったです。

f:id:mokomoko6:20170205150356j:plain

 

その横には本能寺の変で戦没した人たちの供養塔と名簿がありました。
織田信忠と森兄弟しか分からない…もっと織田家の知識を身につけたいなあ。

f:id:mokomoko6:20170205150355j:plain

瑞泉寺

豊臣秀次とその一族を弔う為に建立されたお寺。
大河ドラマ真田丸」で彼に興味を持ち、このお寺の存在を知りました。
秀次が死なずに生きていたら豊臣家の結末はまた違ったんじゃないか、などの妄想が膨らみます。

f:id:mokomoko6:20170205144346j:plain

秀次と一族のお墓に御線香を供え、しんみりした気持ちのまま寺を後にしました。

三条大橋

橋の擬宝珠には池田屋事件で付いたとされる刀傷があります。
金属に刀傷って、こんなにハッキリと残るんですね。

f:id:mokomoko6:20170205144347j:plain


すぐそこに例のスタバが!(6-2…明石…ドロップ…うっ頭が)

f:id:mokomoko6:20170205144348j:plain


スタバでお昼休憩をとることにしました。
窓越しに鴨川を眺めながら、ホットチャイティーで一服。

f:id:mokomoko6:20170205144349j:plain


過去に近隣の川岸で処刑や晒し首が行われた場所である事をふと思い出し、ちょっと複雑な気持ちになってしまいました。(石田三成豊臣秀次らも三条河原で晒し首に処されています)

北野天満宮

御朱印めぐりを終えた後、時間があったのでちょっと足を延ばして北野天満宮へ。
…が、適当に歩いていたらかなり遠回りになってしまい、着いたのが16時。
宝物館間に合わなかった\(^o^)/
何故ちゃんと地図を見ずに歩いたのか…あの時の自分を蹴りたい;;

f:id:mokomoko6:20170205150854j:plain

 

兄者ぁぁ!
宝刀展…見たかった;;

f:id:mokomoko6:20170205144352j:plain

 

梅の花はつぼみが多かった気がします。見ごろはまだまだこれからですね。

f:id:mokomoko6:20170205144351j:plain


北野天満宮に来るのは初めてだったのですが、雰囲気がすごく素敵ですね。
特に絵馬所から三光門への道のりが個人的にドストライクでした。

日が暮れ、足もクタクタだったので隅々まで探索できず。
次回スタンプラリーで訪れた際は、たっぷり堪能してやろうと思います!

第4弾・刀剣御朱印めぐり

寺社 関西

 気持ちのいい青空のもと、第4弾・刀剣御朱印めぐりに行ってきました。
刀剣乱舞と神社仏閣が大好きなので、素敵なイベントを開催していただき、とても嬉しいです。
好きなものを一度に二度味わえる、まさに一石二鳥! 

藤森神社

過去に御神刀として鶴丸国永が奉納されていましたが、盗み出されてしまったとか。
勝運と馬の神社として有名で、競馬ファンが多く訪れるようです。

f:id:mokomoko6:20170205152540j:plain

 

お馬さん!…ん?

f:id:mokomoko6:20170205152541j:plain

足元に人参が!!こういう小ネタ好きです。

f:id:mokomoko6:20170205152542j:plain


鶴さんが日陰で微笑んでおられる。

f:id:mokomoko6:20170205152539j:plain

 

特別御朱印は黒地に社紋と刀名が金字で印刷されていて、とてもかっこいいです。
鶴の判子が趣向を凝らしていて素敵ですね。

f:id:mokomoko6:20170205163712j:plain

豊国神社

この唐門は桃山時代建築の国宝建造物なんですって!
正面上部に鶴の彫刻が施されているのですが、とてもリアルで圧倒されます。

f:id:mokomoko6:20170205152543j:plain

 

ばみちゃん相変わらず美少女すぎる。

f:id:mokomoko6:20170205152544j:plain

 

おみくじ所には巫女さんが描いた骨喰藤四郎と鯰尾藤四郎のイラストが。
可愛さに癒されますね。

f:id:mokomoko6:20170205152545p:plain


御朱印に瓢箪の判子が。秀吉といえば千成瓢箪

f:id:mokomoko6:20170205164648j:plain

宝物館

境内を散策した後は、秀吉にゆかり深い品物が展示されている宝物館へ。
その中でいくつか気になったものの感想をば。
(館内撮影禁止の警告文は見当たらなかったのですが、一応遠慮しておきました) 

①豊太閤御歯

豊臣秀吉の左上第二大臼歯が綺麗な入れ物に入っています。
歯のかみ合わせ部分がかなり擦り減っていて、真っ平らになっていました。
晩年は物を噛むのにかなり苦労したんじゃないかな。

②御神号(伝 加藤清正筆)

力強い字で「豊国大明神」と書かれてあります。
清正は京都在住中、絶えず豊国社に参拝していたことが記録に残っているそうです。
健気で胸が熱くなりますね。

③秀頼8歳の手形と書

秀吉の肖像画が描かれた掛け軸に、大きな左手の手形が押されています。
なんだかすぐそこに秀頼がいるような不思議な感覚がしました。

そして掛け軸に書かれた字がとても上手!
過去に大関ヶ原展に出展されていた秀頼自筆神号も上手で驚いた覚えがあります。
あれも8歳の時のものだったような。

 

他にも北政所(ねね)宛の御書や、北条氏政・氏照を斬首した際の手紙など、色々展示されています。
宝物館の規模は小さいですが、たっぷり満喫できました!

粟田神社

スサノオノミコト・オオナムチノミコトを主祭神としてお祀りしている神社。

f:id:mokomoko6:20170205152535j:plain

 

いち兄と秋田くん!
能舞台の上には干支の酉と神々たちが鎮座しております。

f:id:mokomoko6:20170205152533j:plain

 

結ぶと鳥の形になるおみくじ。
帰りに引いていこうと思っていたのにすっかり忘れてしまいました…南無三。

f:id:mokomoko6:20170205152534j:plain

 

流れるような美しい字の御朱印。

f:id:mokomoko6:20170205163713j:plain

末社 鍛冶神社

粟田神社のすぐ近くにある末社
三条小鍛冶宗近と粟田口藤四郎吉光、天目一筒神をお祀りしています。

f:id:mokomoko6:20170205152536j:plain

建勲神社

ついに御朱印めぐり最後の神社へ!
普段まったく運動しないので、ここの石段が本当にきつかった…息を切らしながら登りきると…


宗三さん~!!不敵な笑みで出迎えてくれました。

f:id:mokomoko6:20170205160310j:plain


織田信長の偉業をたたえる為、明治天皇により創建された神社です。

f:id:mokomoko6:20170205152537j:plain


宗三左文字の御朱印には「蝶」の判子。
薬研藤四郎には「柄」と「鯛」の判子が押してあってフフッ…となりました。
建勲神社さん、ファン心を分かっていらっしゃる!

f:id:mokomoko6:20170205163715j:plain

 

初めて見開き御朱印というものを頂き、感動しました。
どーん!と視界に入ってくる天下布武の龍印がとてもカッコイイです。
そして吸いとり紙には可愛らしいイラストが。
御朱印をいただく際、神社の方が気さくに話しかけてくださり、嬉しかったです。

f:id:mokomoko6:20170205164238j:plain

 

 

 これにて刀剣御朱印めぐりコンプリートです!
朝9時に藤森神社から開始し、建勲神社には15時に到着。
途中で結構寄り道したのですが、最後まで時間に余裕を持って行動できました。


今回の御朱印めぐりで刀剣乱舞はもちろん、京都がもっと好きになれた気がします。
また近いうちに京の軌跡スタンプラリーに参加しようと思っているので、今から楽しみです~!

東京旅行~江戸城・本丸博~

イベント 関東

東京に住んでいた当時、何故か一度も行かなかった江戸城
今回せっかく来たので、周辺もあわせて散策しました。

江戸城と屋敷跡

井伊家上屋敷

f:id:mokomoko6:20170118000509j:plain

元々は加藤清正邸があった場所。改易となった後、井伊家上屋敷となります。
清正が掘ったと伝えられている井戸が残っており、名水井戸として知られました。
築城の名手であり、井戸掘り名人でもあったんですね。

井戸以外、特に遺構らしきものは見当たらず。
大きな石燈籠が一つあったけれど、あれは屋敷の名残りだったのかな?

桜田門

f:id:mokomoko6:20170118000507j:plain

井伊家上屋敷から徒歩8分ほどの所にあります。意外と近い!
1860年、この門外で大老井伊直弼水戸藩藩士に暗殺されました。(桜田門外の変

 大手門

f:id:mokomoko6:20170118000512j:plain

藤堂高虎によって築かれた正門。火災や戦火に見舞われ、何度か焼失しています。

番所

f:id:mokomoko6:20170118000517j:plain

江戸城には番所が三ヶ所残っています。写真は『百人番所』と呼ばれる最大の検問所。

中之門跡

f:id:mokomoko6:20170118000513j:plain

 石垣が壮麗で圧倒されます!一番テンションが上がったスポット。

加藤清正が寄進した大石?

f:id:mokomoko6:20170118000510j:plain

ガイドブックによると本丸へ向かう途中の石垣にあるらしいです。
それらしき大石を発見し、パシャリ。

中雀門跡

f:id:mokomoko6:20170118000514j:plain

石垣はボロボロで、丸くひび割れた跡が残っていました。これは本丸御殿火災時に焼付いたものだとか。

富士見櫓

f:id:mokomoko6:20170118000518j:plain

天守閣が明暦の大火(1657年)で焼失した後、富士見櫓が天守閣の代わりを務めたと伝わっています。

松の大廊下跡

f:id:mokomoko6:20170118000508j:plain

浅野内匠頭吉良上野介に斬りかかった廊下跡。
「殿中でござる〜!」ってやつですね。後の赤穂事件のきっかけとなりました。

天守

f:id:mokomoko6:20170118000515j:plain

天守閣は明暦の大火で焼失。翌年に天守台石垣が再建されますが、「太平の世に天守閣は時代遅れ。街の復興が先でしょ!」と言う事で天守閣再建は断念され今に至ります。

天守
台石垣に焼跡が見受けられたので調べてみました。どうやら1863年の大火によるものらしい。江戸は本当に火事が多いですね。
天守には井戸が備わっていて、籠城に対する備えもあったみたい。

梅林坂

f:id:mokomoko6:20170118000516j:plain

白梅と紅梅のコントラストがとても綺麗でした。梅ってこんなに早くから咲くんですね。

 

上記以外にも江戸城内外は見ごたえのあるスポットが多くて楽しかったです!
珍しい果物や花が沢山植えられていたので、今度は緑生い茂る季節に行きたいな。

無料ガイドがあると聞いていたのですが、行った日は丁度お休み…。
意気消沈して休憩所に入ると『皇居東御苑セルフガイドブック』(800円)を見つけ即購入。
今回の散策で大いに役立ちました。おすすめの一冊です。

 

 本丸博

江戸城を堪能した翌日は本丸博へ。
入り口からはお香の香りが漂い、言い知れぬ興奮を感じつつ、いざ入場!

金襖の間

f:id:mokomoko6:20170118000519j:plain

春夏秋冬をテーマに刀剣男士たちが襖に彩られており圧巻です!
襖の背景も凝っていて、キャラが生き生きしていました。
季節ごとにお香袋が置いてあり、それぞれ香りを楽しめます。
私は夏の香りが一番好きだったな。

祝画の間

二周年祝賀絵はどれも美しく、ずっと眺めていたかったです。
特に歌仙兼定のイラストが雅さと色っぽさ両方兼ね備えていて最高でした。水も滴る良い文系!
ただ、混雑の為じっくり見れなかったのが残念。一周年祝賀絵同様、画集として出してほしいです。


他にも色んな展示があって見応えがありました。
地方での開催が決定したので、都合が合えばもう一回行きたいかも。

戦利品

f:id:mokomoko6:20170118000511j:plain

 お守り型香袋が買えなかったけれど、まずは満足です。

ランチ

f:id:mokomoko6:20170118000506j:plain

池袋にある『はちくまカフェ』にて。
蜂蜜をたっぷりかけて頂くフレンチトーストは優しい味でした。



あっという間の一泊二日の旅でした。
東京は何度来ても楽しくて、もう一度住みたいぐらい。
今度来るときは下町巡りとかしてみたいな。